蝙蝠庵

2015/和歌山市/和歌山県/日本
施主の叔母が残した築70年の住宅。長らく雨戸が閉じられ荷物が残されていた。閉ざされた雨戸を開くと、蝙蝠の明窓から射す光が広縁を照らし開放感のある座敷が現れた。
「のこしたい」施主の想いを尊重し、単に復元するのではなく古い空間と新しい空間が出会う場として新築では体験できない「のこす価値」を提案した。

2017年度  iF Design Award 受賞
2016年度  グッドデザイン賞 受賞

160127_koumori-an_02160127_koumori-an_03160127_koumori-an_04160127_koumori-an_05160127_koumori-an_06160127_koumori-an_07160127_koumori-an_08160127_koumori-an_09160127_koumori-an_10160127_koumori-an_11160127_koumori-an_12160127_koumori-an_13160127_koumori-an_14160127_koumori-an_15160127_koumori-an_16Photography by Sohei Terui